ニュース/活動

活動


第6回タイフェスティバルin仙台

17/06/2018

2018年6月16日、チューチャーイ•チャイワイウィット公使は、バンサーン•ブンナーク大使の代理として仙台のタイフェスティバルの開会式に出席しました。第6回仙台タイフェスティバルは仙台市内の勾当台公園で開催され、開会式では日本側から郡和子仙台市長、片桐健司タイフェスティバルin仙台実行委員長が挨拶しました。また河端章好宮城県副知事をはじめ、仙台市からの賓客も出席しました。
今年の第6回タイフェスティバルは2018年6月17−18日に行われました。フェスティバルでは、タイ大使館ブースが、「Thailand 4.0タイが目指す新たな未来」と銘打った特別展示ブースを設置し、タイの将来に向けた発展計画に関する情報提供を行いました。特にイノベーション開発と、地域を結び付ける中心地として役割に焦点をあてました。また、タイ農業・協同組合省ブースは、マンゴー、ドリアン、ココナッツジュースといったタイ産果物の試食販売を行い、タイ国政府観光庁からは、タイの南部地方をテーマに、タイ舞踊、ムエタイ、観光地を紹介しました。2日間で約7万人の来場者がありました。




Back to the list