ニュース/活動

活動


大使がタイ労働省事務次官を歓迎

04/02/2020

2020年2月4日、シントン・ラーピセートパン大使はタイ労働省のスティ・スコーソン事務次官一行を歓迎し、日本国内のタイ人就労者について懇談しました。

また同日、大使の立会の元、タイ労働省スティ事務次官と日本国法務省出入国在留管理庁の佐々木聖子長官は『在留資格「特定技能」を有する外国人に係る制度の適正な運用のための情報連携の基本的枠組みに関する協力覚書』(仮訳)に署名しました。

この協力覚書により、特定技能を有するタイ人は日本での就労機会が拡大し、日本の労働力不足への対応策となります。




Back to the list