ニュース/活動

活動


04.12 ソンクラン祭り

 2012年4月12日、ウマポーン・フートラクーン大使夫人は大使公邸にて、タイの伝統的な新年のお祝いである「ソンクラン」祭りを開催しました。アジア婦人友好会の高村治子会長を始め会員の方々、在日の各国大使夫人の皆様がご参加くださいました。ソンクランに関する説明の後、大使公邸の庭にて仏像や目上の方への水掛けの儀式を行ったほか、砂の塔の飾り付けや、タイの伝統的な音楽と舞踊を楽しんだりしました。 

03.23 大使による「洪水後のタイ経済」講演

 2012年3月23日、ウィーラサック・フートラクーン大使は日本経済産業省にて、独立行政法人経済産業研究所(RIETI)主催のセミナーに参加し、「洪水後のタイ経済」というテーマで講演を行いました。大使は洪水被害の復興状況や今後の洪水対策、また日本政府とのパートナーシップの可能性及び日本民間企業のビジネス機会について述べました。なお、このセミナーには各業界から約60名が参加しました。  

03.21 民間外交推進協会との昼食会

      2012年3月21日、ウィーラサック・フートラクーン大使は大使公邸にて民間外交推進協会(FEC)との昼食会を開きました。      タイへのFEC視察団団長の味の素株式会社の山口範雄代表取締役会長をはじめ、電源開発株式会社の中垣喜彦相談役・前社長、FEC専務理事の湯下博之元大使が2012年2月のタイとミャンマー訪問の結果報告を行いました。昼食会には、タイ王国大使館経済関連事務所の所長らも出席しました。

03.16 大使公邸にて光男・カヴェサコ師の説話会

2012年3月16日、カンチャナブリ県のスワンタワナラーム寺の高僧である光男・カヴェサコ師の説話会がタイ大使公邸にて行われました。大使夫妻及びタイ関連事務所の所長、大使館職員が参加しました。      

03.16 タイ陸軍幹部学校が大使を表敬訪問

2012年3月16日、陸軍幹部学校のスタット・カンジャナーノンクン少将らがウィーラサック・フートラクーン大使を表敬訪問しました。一行は、2012年3月10日から17日まで、日本の陸上自衛隊視察のために来日しました。

02.27-28 大使が那覇商工会議所会頭と会談。

2012年2月27-28日、ウィーラサック大使夫妻が沖縄県を訪問しました。滞在中に大使は國場幸一那覇商工会議所会頭を表敬訪問し、観光やスパ産業の今後の協力関係について会談しました。その他に、佐久本武タイ王国那覇名誉領事及び沖縄県在住タイ人の代表者とも懇談しました。            

03.19 大使がタイ農業青年への激励の言葉と夕食会

 2012年3月19日、2011年度(第29期)のタイ農業青年21名が日本農家での11ヶ月間の研修を修了し、3月22日に帰国するにあたり、ウィーラサック・フートラクーン大使が青年らに激励の言葉を述べました。大使夫妻はタイ農業青年団や社団法人国際農業者交流協会(JAEC)職員の方々を招いて夕食会を催し、タイ農務担当公使参事官も出席しました。 日本での青年農業研修は1983年に創設され、現在まで29年間継続して行われてきました。これまでに参加したタイ農業青年はおよそ500人です。この研修は、日本農家とインドネシア・マレーシア・フィリピン・タイという4カ国のアセアン諸国の農業従事者との交流、及びOn-the-Job Training手法で日本農家での研修を促進することを目的としています。 

03.22 NHKカルチャーセンタータイ大使公邸訪問 (第3回)

2012年3月22日、NHKカルチャーセンター青山教室の会員35名がタイ大使公邸を訪問し、ウマポーン・フートラクーン大使夫人と大使館スタッフがお迎えしました。参加者は、大使館スタッフから大使公邸の由来やタイ文化、日タイ関係についての話を聞いた後、観光DVDとタイ舞踊を観賞し、タイ古典音楽を聴きました。また、タイ料理のビュッフェやタイ民芸品のバザーも行いました。                  

02.15 自見庄三郎大臣らへの夕食会

2012年2月15日、ウィーラサック・フートラクーン大使夫妻は、自見庄三郎郵政改革担当内閣府特命担当(金融)大臣とご家族、また北九州からのお客様を大使公邸に招き夕食会を開きました。                   

02.07 越谷市立中央中学校が大使館訪問

2012年2月7日、埼玉県越谷市立中央中学校の学生がタイ大使館を訪問し、タイ王国についての紹介を聞きました。また、洪水の状況やタイについて、シントン・ラーピセートパン公使と質疑応答を行いました。


Pages: Prev. 1 ... 112 113 114 115 116 ... 132 Next