ニュース/活動

活動


タイ王国からの支援物資を受け入れ

http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/page000013600/hpg000013567.htm   

フジテレビのワールドミーティング

2010年12月15日、シントン・ラーピセートパン公使はフジテレビのワールドミーティングに招かれ、フジテレビの社員に向けて、日タイ関係の歴史、タイの現状などについて話をしました。     

大使公邸でのプミポン国王陛下御誕生日祝賀式典

               2010年12月3日、大使公邸にて、プミポン国王陛下の御誕生日に際して、河村武和宮内庁式部官長が天皇陛下の勅旨として、 祝賀の御言葉をウィーラサック・フートラクーン駐日タイ王国大使に伝えました。この式典には外交官とタイ関連事務所所長が出席しました。          

プミポン国王陛下御誕生日祝賀レセプション

           2010年12月3日、タイ王国大使館は帝国ホテル東京にて2010年12月5日に83歳を迎えるプミポン国王陛下の御誕生日を祝賀するレセプションを開催し、 駐日外交団・政界・国際機関・民間企業など各界からの御来賓約900人が参加しました。ウィーラサック・フートラクン駐日タイ王国大使がプミポン国王陛下の御健勝を祈り、祝杯の挨拶を行いました。                                   レセプションでは国王陛下の御誕生日を祝賀し、陛下の慈悲心に感謝すると共に、会場内にお祝いの記帳所を設置しました。多くの方々が記帳をなさり、国王陛下の御活動を紹介した展示をご覧になりました。                閉会前には、シントン・ラーピセートパン夫妻及び大使館外交官がお見送りしました。、御来賓の皆さまからはお帰りになる際に、祝賀レセプションに参加できて光栄だったという感謝の言葉がありました。  

新宿区西戸山小学校でタイ文化の紹介

2010年12月6日、タイ王国大使館職員は新宿立西戸山小学校を訪問し、全校児童約470人の生徒にタイの文化を紹介しました。      スクリーンでのタイの説明の他に、タイ伝統楽器(キムとソードゥアン、ソーウー)の演奏や、日本セパタクロー協会によるタクローのデモンストレーションなども行われました。生徒たちは、タイに関するクイズに参加したり、タクローの体験をしました。     

第5回タイ語弁論大会

2010年11月20日、タイ王国大使館と神田外語大学は「第5回タイ語弁論大会」を共催しました。同弁論大会は神田外語大学のミレニアム・ホールで開催され、東京外国語大学(東京都)・大阪大学(大阪府)・天理大学(奈良県)・宇都宮大学(栃木県)・慶應義塾大学(東京都)・筑波大学(茨城県)・神田外語大学(千葉県)の7大学から20人の学生が参加しました。審査員には、元大阪外国語大学の赤木攻先生、タイ大使館のサシワット・ウォンシンサワット公使参事官、学生部のアリニー・タナワットサッチャセーリー公使参事官(教育)、タイ国政府観光庁のアノマー・ウォンヤイ副所長が務めました。         今年の弁論テーマは「友情」で、参加の学生はタイ語でスピーチをした後、審査員からの質問にタイ語で答えます。今回の最優秀賞は、筑波大学の湯澤絵里子さんと神田外語大学の饗場はるかさんに授与されました。お二人の最優秀者には、タイ王国大使館提供の東京-バンコク間往復航空券と、タイ国政府観光庁東京事務所提供のバンコク内ホテル宿泊券が贈呈され、また、各カテゴリーの優秀者には日本タイ協会(JTA)提供のタイ知識に関する書籍が贈呈されました。(大会の結果)このタイ語弁論大会は、言葉の勉強を通してタイとタイの文化や社会への理解を深めるとともに、タイ研究を拡大し、長期的にタイの友人(Friends of Thailand)を増加させることが目的です。  

外務大臣夫人の昼食会

 2010年11月24日、ウマーポーン・フートラクーン大使夫人は、タイ大使公邸にて、前原愛里・外務大臣夫人を昼食にご招待しました。昼食会にはミャンマー、ベトナム、パキスタン、マレーシア、インドネシアの大使夫人もご招待しました。

鳩山夫人のための昼食会

              2010年11月22日、ウマーポーン・フートラクーン大使夫人は大使公邸にて、鳩山美由紀・鳩山由紀夫元首相夫人を昼食にご招待しました。             昼食会には民主党元幹事長で衆議院議員の枝野幸男夫人・和子様、羽田雄一郎参議院議員夫人・七栄様、ポーンディー・ラーピセートパン公使夫人も参加しました。

APEC首脳会議及び閣僚会議

            2010年11月10-11日、カシット・ピロム外務大臣は横浜市で開催されたAPEC閣僚会議に参加しました。会議では、多角的貿易体制の支持・ボゴール目標の実施・地域経済統合・APEC首脳の成長戦略・人間の安全保障等を含め様々な項目が検討されました。 また、外務大臣はアメリカ・カナダ・オーストラリア・メキシコ・韓国と二国間会談を行いました。              2010年11月13-14日、アピシット・ウェーチャーチーワ首相はAPEC首脳会議に出席しました。            初日、首相は「地域の持続的な成長と繁栄」をテーマとした首脳会議リトリート・セッション1に参加した後、APECビジネス諮問委員会(ABAC)との対話に出席し、US-APEC企業連合と会談しました。 2日目に、首相は太平洋経済委員会(PBEC)との会談を行い、「地域経済統合とAPECの将来」をテーマとした首脳会議リトリート・セッション2に参加しました。 また、帰国前の14日夕方に、首相は東京にある日本外国特派員協会(FCCJ)にて、同協会の会長及び役員と会談した後、記者会見を行いました。     


Pages: Prev. 1 ... 115 116 117 118 119 ... 124 Next