ニュース/活動

活動


外務大臣夫人の昼食会

 2010年11月24日、ウマーポーン・フートラクーン大使夫人は、タイ大使公邸にて、前原愛里・外務大臣夫人を昼食にご招待しました。昼食会にはミャンマー、ベトナム、パキスタン、マレーシア、インドネシアの大使夫人もご招待しました。

鳩山夫人のための昼食会

              2010年11月22日、ウマーポーン・フートラクーン大使夫人は大使公邸にて、鳩山美由紀・鳩山由紀夫元首相夫人を昼食にご招待しました。             昼食会には民主党元幹事長で衆議院議員の枝野幸男夫人・和子様、羽田雄一郎参議院議員夫人・七栄様、ポーンディー・ラーピセートパン公使夫人も参加しました。

APEC首脳会議及び閣僚会議

            2010年11月10-11日、カシット・ピロム外務大臣は横浜市で開催されたAPEC閣僚会議に参加しました。会議では、多角的貿易体制の支持・ボゴール目標の実施・地域経済統合・APEC首脳の成長戦略・人間の安全保障等を含め様々な項目が検討されました。 また、外務大臣はアメリカ・カナダ・オーストラリア・メキシコ・韓国と二国間会談を行いました。              2010年11月13-14日、アピシット・ウェーチャーチーワ首相はAPEC首脳会議に出席しました。            初日、首相は「地域の持続的な成長と繁栄」をテーマとした首脳会議リトリート・セッション1に参加した後、APECビジネス諮問委員会(ABAC)との対話に出席し、US-APEC企業連合と会談しました。 2日目に、首相は太平洋経済委員会(PBEC)との会談を行い、「地域経済統合とAPECの将来」をテーマとした首脳会議リトリート・セッション2に参加しました。 また、帰国前の14日夕方に、首相は東京にある日本外国特派員協会(FCCJ)にて、同協会の会長及び役員と会談した後、記者会見を行いました。     

ラーマ5世崩御100年追悼式典

     2010年10月23日、ウィーラサック・フートラクーン大使夫妻、タイ関連事務所所長、大使館外交官と職員、名古屋名誉総領事及び在日タイ人など約100名が、覚王山日泰寺(愛知県名古屋市)にて行われたラーマ5世崩御100年追悼式典に出席しました。          同追悼式は、タイ日関係において多大な御功績のあるラーマ5世を追悼するために行われました。特に、1900年に日本仏教使節団に仏舎利を分与され、釈尊金銅仏及び建立費の一部を下賜されました。仏舎利は日泰寺の奉安塔に安置されています。     追悼式では、日泰寺の僧侶34人による約30分間の読経の後、大使夫妻、タイ関連事務所所長及び在日タイ人代表によって、チュラーロンコーン大王記念日に毎年行われるラーマ5世像への献花が行われました。         式典の後、ウィーラサック大使は僧侶にお食事を差し上げ、鷲見弘明代表役員に記念品と献金をお渡ししました。

大使が愛知県知事及び名古屋商工会議所会頭を表敬訪問

2010年9月3-4日に、ウィーラサック大使及び大使夫人が愛知県を訪問し、神田真秋知事、岡田邦彦名古屋商工会議所会頭を表敬訪問しました。また三輪隆康名古屋タイ王国名誉総領事、鷲見弘明覚王山日泰寺代表役員と懇談をしました。 9月3日、大使は神田真秋知事、岡田邦彦名古屋商工会議所会頭を表敬訪問し、グレーター・ナゴヤ(大名古屋経済圏)は日本最大の生産拠点、特に自動車生産拠点であり、タイの重要な経済パートナーであることを述べました。タイ政府は愛知県及び名古屋市を重要視し、経済関係が一層深まることを期待しています。また、タイ政府が計画している大型のインフラ整備事業への日本企業の積極的な参入を呼びかけていることを伝えました その後、大使及び大使夫人は名古屋タイ王国名誉総領事及び夫人とともに食事をし、これまでタイと愛知県の友好関係に50年余り尽力して下さった両氏を心から称えました。 9月4日、大使及び大使夫人は覚王山日泰寺鷲見弘明代表役員と面会し、今年10月23日に行われるチュラーロンコーン大王100回目の御命日献花式について話し合いました。

キッズクリエイトTokyo 2010

2010年8月28日、ウマポーン・フートラクーン大使夫人と大使館職員は、幕張メッセで行われたイベント「キッズクリエイトTokyo 2010」で、日本の子ども達とその保護者約30人にタイの紹介を行いました。               タイの伝統衣装ジョンガベンを紹介して参加者に体験してもらったり、タイについて説明してクイズを行い正解者にプレゼントを渡したりしました。              また、大使夫人がタイの昔話「サノー・ノーイ姫」をタイ語で読み聞かせをして、子ども達は熱心に聞いていました。 

第22回矢崎サマーキャンプ さよならパーティー

2010年8月25日、大使館職員が矢崎グループ主催の「第22回海外子女サマーキャンプのさよならパーティー」に出席しました。サマーキャンプは海外の矢崎グループ社員の子ども達のために毎年開催され、今年、タイからは49人の子どもが参加しました。           第22回矢崎サマーキャンプは2010年8月21日-27日の期間で行われ、参加者は矢崎の工場を見学したり、東京・鎌倉の観光スポットを訪れました。これらの活動は国際理解や文化交流の推進を目的としています。  

タイ遠隔地教育2010年度1学期期末試験

2010年8月22日、タイ遠隔地教育2010年度1学期期末試験が実施されました。小学課程2人、中学課程6人、高校課程18人、合計26人の学生が受験しました。 


Pages: Prev. 1 ... 137 138 139 140 141 ... 146 Next