ニュース/活動

活動


大使がイオンワンパーセントクラブ・設立30周年記念事業に出席

2019年11月2日、シントン・ラーピセートパン大使はイオン株式会社が主催した「イオンワンパーセントクラブ・設立30周年記念事業」に出席しました。本事業は社会貢献を目的として、とりわけ日本と各国の学生の交流に力を注いできました。

シントン・ラーピセートパン大使が着任

2019年10月31日、シントン・ラーピセートパン大使とポーンディ・ラーピセートパン大使夫人が来日し、日本国外務省参与の川原栄一大使の出迎えを受けました。その後に岩間公典儀典長と面談し、信任状の写しを手交し、駐日タイ王国大使正式就任への手続きに入ります。

バンサーン・ブンナーク大使が離任

2019年10月30日、タイ大使館の外交官と職員は、離任するバンサーン・ブンナーク大使とユパディー・ブンナーク大使夫人をお見送りしました。大使夫妻は、2016年3月から2019年10月までの3年7ヶ月間、良好なタイと日本の関係をさらに強化するため、

駐日シンガポール大使が大使を表敬訪問

2019年10月29日、バンサーン・ブンナーク大使は、新しく日本に着任したピーター・タン駐日シンガポール大使の表敬訪問を受けました。

川崎市立小学校教頭が大使館訪問

2019年10月28日、川崎市立小学校教頭会22名が研修の一環でタイ大使館を訪問し、内野ティーランクーン一等書記官がお迎えしました。大使館職員がタイの文化や生活について紹介し、参加者からは教育事情や習慣について質疑応答がありました。

大使館が埼玉プッタラーム寺院の「僧衣献上式」に参加

2019年10月27日、バンサーン・ブンナーク大使の代理で、チョンティサック・チャーオパークナーム公使参事官(農務)とタイ関連事務所の所長が埼玉プッタラーム寺院で行われた「トートカティン : 僧衣献上式」に参加しました。タイ人や日本人、約100名が参加しました。

公使参事官が「TSAJ FESTIVAL 2019」に参加

2019年10月26日、サリニー・ポーンプラパイ公使参事官は、TSAJ (在日タイ留学生協会) FESTIVAL 2019 に参加し、開会の挨拶をしました。同事業は、タイ留学生がアイディアと考えを深めることを目的に開催され、タイを代表する研究者と共同でセミナーが行われました。また、将来の職業選択における視野を広げるために、企業代表との懇談の機会が設けられた他、タイ大使館は自然災害への備えについて紹介するブースを設置しました。

広島県立尾道東高等学校が大使館訪問

2019年10月25日、広島県立尾道東高等学校の生徒8名が大使館を訪問し、内野ティーランクーン一等書記官がお迎えしました。生徒たちは、環境問題、特に「タイのごみ問題」について調べ発表しました。内野ティーランクーン一等書記官は、プラスチックごみの廃棄や取り組みなどタイの状況について情報提供をしました。同校では、今後模擬国連が予定されています。

キングモンクット工科大学北バンコク校の生徒が文部科学大臣を表敬訪問

2019年10月23日、ピチャヤシニー・ムラプルク参事官は科学技術振興機構(JST)が行っている日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)で来日した、タイのキングモンクット工科大学北バンコク校の大学生10人を連れて萩生田光一文部科学大臣を表敬訪問しました。

タイ首相が「即位の礼」参列のために来日

2019年10月22-23日、バンサーン・ブンナーク大使は、日本国天皇陛下即位の礼に参列するため来日したプラユット・チャンオーチャー首相をお迎えしました。首相は、10月22日に皇居・宮殿で行われた「即位礼正殿の儀」と祝宴「饗宴の儀」に出席すると共に、23日にはホテルニューオータニで催された「内閣総理大臣夫妻主催晩餐会」に出席しました。この機会に、プラユット首相は安倍晋三首相と会談し、良好な両国関係の強化を確認しました。


Pages: Prev. 1 ... 19 20 21 22 23 ... 148 Next