ニュース/活動

活動


タイの外務事務次官が大使館を訪問

2018年4月4日、バンサーン・ブンナーク大使はブサヤー・マータラン外務事務次官を大使館でお迎えし、外交官とミーティングを行いました。

大使は外務事務次官のための昼食会を開催

2018年4月3日、バンサーン・ブンナーク大使はブサヤー・マータラン外務事務次官のための昼食会を開催しました。
本昼食会には、菊池努青山学院教授と神保謙慶應大学准教授をご招待し、地域情勢や国際情勢について意見交換を行いました。

タイの農業・協同組合省と日本の国際農業者交流協会との署名式

2018年3月30日、タイ大使館にてバンサーン・ブンナーク大使の立会の元、タイ王国農業・協同組合省と日本の国際農業者交流協会との間で、タイの農業青年研修プロジェクトに関する期間更新の覚書署名式が行われました。覚書は、2018年4月1日から2023年3月31日まで有効です。

大使館がTCEBの日本での海外市場促進イベントを支援

2018年3月29日、タイ国政府コンベンション&エキシビション・ビューロー(TCEB)は、東京プリンスホテルにて、国際会議及び展示会に関する海外市場促進イベントを開催しました。会場では、ビジネスマッチングや、日本人講師によるタイのMICE政策に関するセミナーなどが行われました。

最高検察庁第9期上級司法管理官の一行が大使館を訪問

2018年3月29日、バンサーン・ブンナーク大使は最高検察庁のワッタナチャイ・クムウォンディー副検事が率いる第9期上級司法管理官研修の参加者を大使館ホールで歓迎しました。一行は、タイ日関係や司法制度について聴講しました。両国の司法制度は共通点が多く、両国とも民法制度を採用しており、検察官の独立性を確保しています。

東京学芸大付属高等学校の校長が大使を表敬訪問

2018年3月28日、東京学芸大学付属高等学校の大野弘校長、宮城政明副校長と、Japan – Thailand Business Forum (JTBF)の小山光俊委員が大使を表敬訪問し、タイとの教育面での協力について懇談しました。大野校長は、同校が40年以上に渡り130人以上のタイ政府奨学生を受け入れてきたこと、現在多くの卒業生がタイの公的機関の要職で活躍しており、両国の関係促進に大変大きな力となっていることなどについて話しました。

タイコンベンション&エキシビション・ビューロー(TCEB)の一行が大使を表敬訪問

2018年3月28日、ジリット・イッサラーングーン・ナ・アユタヤー理事長率いるタイ国政府コンベンション&エキシビション・ビューロー(TCEB)の一行は、バンサーン・ブンナーク大使を表敬訪問し、3月29日に東京で開催される記者会見「タイランド・コネクト:TCEBロードショー2018」に大使を招待しました。これは、アジアにおけるミーティングや報酬旅行、

大使がマダガスカル大使と懇談

2018年3月27日、バンサーン・ブンナーク大使は新しく就任したミレイユ・ラクトゥマララ駐日マダガスカル共和国大使をお迎えしました。ミレイユ大使はマダガスカルの元文化通信大臣です。
大使は、2月にシリントーン王女がマダガスカルを御訪問の際につつがなくお迎え頂いたこと、ラーマ9世の逝去にあたり大統領からお悔やみの書状が送られたことに感謝の言葉を伝えました。両国間の協力については、タイはマダガスカルの発

大使が内閣総理大臣補佐官と昼食会

2018年3月27日、バンサーン・ブンナーク大使は宮腰光寛 内閣総理大臣補佐官(ふるさとづくりの推進及び農林水産物の輸出振興担当)と昼食会を行い、沖縄の蒸留酒である泡盛の振興について懇談しました。泡盛は、400年前からタイ米を原料として製造されています。

大使が美術文化振興協会会長と昼食会

2018年3月26日、バンサーン・ブンナーク大使は公益財団法人美術文化振興協会の近藤誠一会長と理事の方々を大使公邸での昼食会に招待し、タイと日本の芸術文化における協力について懇談しました。


Pages: Prev. 1 ... 44 45 46 47 48 ... 135 Next