ニュース/活動

活動


川崎汽船社長が大使を表敬訪問

2018年3月20日、バンサーン・ブンナーク大使は、国内輸送業界最大手である川崎汽船株式会社の村上英三代表取締役社長 社長執行役員の表敬訪問を受け、同社の業務について説明を受けました。また、海外拠点として最大規模であるタイのグループ会社の事業展開について懇談しました。

公使参事官がJENESYSプログラムの報告会に出席

2018年3月19日、サリニー・ポーンプラパイ公使参事官は、日本国際協力センター(JICE)が開催する対日理解促進交流プログラム「JENESYS 2017招へいプログラム」の報告会に出席しました。28名のタイ人学生が参加した同プログラムは、タイと日本のより緊密な関係構築の基礎となる、国民同士の交流を促進する事業です。

タイ王国陸軍指揮幕僚大学の一行が大使館を訪問

2018年3月13日、バンサーン・ブンナーク大使はタイ王国陸軍指揮幕僚大学副学長のディレーク・ディープラスート大佐とタイ王国陸軍指揮幕僚大学第96期の学生たちを、大使館ホールで歓迎しました。一行は戦略的環境の研究、日本の陸上自衛隊幹部学校を視察する目的で日本を訪問しました。この機会に、バンサーン大使はタイと日本の関係について講義を行いました。

OECD東南アジア地域プログラムの共同議長国が交代

2018年3月8日、OECD東南アジア地域プログラムの共同議長国が、日本とインドネシアからタイと韓国に交代しました。同プログラムにおける協力は、ASEAN各国の開発をさらに促進し、格差是正、統合を推進します。

OECD東南アジア地域プログラム閣僚会合

2018年3月8日、日本が開催国となり、経済協力開発機構東南アジア地域プログラム閣僚会合(OECD SEARP)が東京で開催されました。タイからはウィラサック・フートラクン外務副大臣がタイ代表団と共に会議に出席し、東南アジア地域の開発、統合、格差是正に関する協力について協議しました。

板橋区立板橋第四小学校の生徒が大使館訪問

2018年3月6日、板橋区板橋第四小学校の6年生がタイ大使館を訪問し、タイについて学びました。この訪問は、2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向けて、生徒が外国への関心を高める目的で行われました。パッタマワディ・ウアリチット参事官は歓迎の挨拶をし、内野・ティランクグーン一等書記官と大使館スタッフがタイと日本の関係について説明した後、生徒からの質問に答えました。

フードイノポリス事業の報告のため大使を表敬訪問

2018年3月5日、タイ科学技術省国家科学技術・イノベーション政策事務局のエーゴーノン・ジャーンブア副秘書官らは、フードイノポリス・イノベーションコンテスト2017で優勝した学生と共に、バンサーン・ブンナーク大使を表敬訪問しました。両者は、日本の食品関連機関・事業者とタイのフードイノポリスとの協力推進について懇談しました。現在、フードイノポリスには基本的な構造と、研究開発の支援、様々な許認可、有益な権利の付与など、多様なサービスに関して準備が整っています。

鳥取県湯梨浜町長が大使館を訪問

2018年2月27日、鳥取県湯梨浜町の宮脇正道町長と、鳥取県地域振興部スポーツ振興課の小西慎太郎課長が大使館を訪問し、ビシィアーン・サラシリ一等書記官、内野ティーラングーン一等書記官に生涯スポーツ「グラウンド・ゴルフ」の紹介をしました。グラウンド・ゴルフは誰もが簡単に理解でき、初めての人でも楽しめるスポーツです。

大使館が梅木小学校を訪問

2018年2月27日、サリニー・ポーンプラパイ公使参事官、内野ティーラングーン一等書記官と大使館スタッフは北区立梅木小学校を訪問し、小学3年生に向けた国際理解教育の一環として、タイ王国及びタイ日関係について講義しました。

大使館がJリーグのティーラシン選手とチャナティップ選手を激励

2018年2月24日、ムニン・パーニサワット大阪総領事、ピチャヤシニー・ムラプルク参事官及び外交団は、Jリーグのサンフレッチェ広島対コンサドーレ札幌の試合を観戦し、ティーラシン選手とチャナティップ選手を激励しました。


Pages: Prev. 1 ... 45 46 47 48 49 ... 134 Next