Search

 
Found: 15

タイ高校生4人が第30回国際情報オリンピックに参加

第30回国際情報オリンピックが、9月1-8日に茨城県つくば市で開催されました。 第30回国際情報オリンピックが、9月1-8日に茨城県つくば市で開催されました。87ヶ国から335人の参加者があり、金メダルが29人、銀メダルが55人、銅メダルが83人の受賞者となりました。タイは、4人の高校生が参加し、サンチャヤポーン・リウガセームサーン君が銀メダル、他の3人が銅メダルを受賞しました。
08/09/2018

大使がタイ国際航空副社長を歓迎

... 2018年7月9日、バンサーン・ブンナーク大使はタイ国際航空(TG)のスウィモン・ブアルート副社長と一行を歓迎しました。一行は、2020年に開催される東京オリンピックの選手村で、TG関連会社タイキッチンによる食事提供について、日本オリンピック委員会を訪問することを大使に報告しました。

北九州市の国際スポーツ大会推進室が大使を表敬訪問

2020年1月15日、シントン・ラーピセートパン大使は北九州市の国際スポーツ大会推進室の三浦隆宏室長と藤本将志次長の表敬訪問を受けました。北九州市は、2020年東京オリンピック競技大会において、タイ王国の卓球、テコンドーのホストタウンとなっています。 2020年1月15日、シントン・ラーピセートパン大使は北九州市の国際スポーツ大会推進室の三浦隆宏室長と藤本将志次長の表敬訪問を受けました。北九州市は、2020年東京オリンピック競技大会において、タイ王国の卓球、テコンドーのホストタウンとなっています。
15/01/2020

大使が天然資源環境大臣に同行し Olympic Medal Project Box を視察

... のプロジェクトを視察し、伊藤忠彦環境副大臣の歓迎を受け説明を受けました。その際に、大使はタイ天然資源環境大臣と共にプロジェクト参加のために使用済み携帯電話の寄付をしました。 1.2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会による東京2020メダルプロジェクトTowards as Innovative Future for Allは、2017年に始まりました。このプロジェクトは、2020年の東京オリンピック及びパラオリンピックで授与するメダルを使用済みの携帯電話や小型電子機器等の部品を用いて製作するものです。このプロジェクトを通して金、銀、銅あわせて約5000個のメダルがリサイクルされます。 ...
18/05/2018

秋田県の美郷町長が大使を表敬訪問

2020年1月23日、シントン・ラーピセートパン大使は秋田県美郷町の松田知己町長の表敬訪問を受けました。美郷町は、2020年東京オリンピック競技大会において、タイ王国のバトミントンのホストタウンとなっています。また、タイのノンタブリ県と美郷町は教育交流を行っています。 2020年1月23日、シントン・ラーピセートパン大使は秋田県美郷町の松田知己町長の表敬訪問を受けました。美郷町は、2020年東京オリンピック競技大会において、タイ王国のバトミントンのホストタウンとなっています。また、タイのノンタブリ県と美郷町は教育交流を行っています。
23/01/2020

秋田県の美郷町長が大使を訪問

2020年8月5日、シントン・ラーピセートパン大使は秋田県美郷町の松田知己町長の訪問を受け、秋田県の青少年からタイ王国バドミントン協会とノンタブリー県の学校に宛てたそれぞれの応援メッセージが録画されたDVDを受け取りました。美郷町は、2020年東京オリンピック競技大会において、タイ王国のバトミントンチームのホストタウンとなっています。 2020年8月5日、シントン・ラーピセートパン大使は秋田県美郷町の松田知己町長の訪問を受け、秋田県の青少年からタイ王国バドミントン協会とノンタブリー県の学校に宛てたそれぞれの応援メッセージが録画されたDVDを受け取りました。美郷町は、2020年東京オリンピック競技大会において、タイ王国のバトミントンチームのホストタウンとなっています。
05/08/2020

大使館が第45回「東南アジア青年の船」事業文化交流プログラムに参加

2018年10月31日、ティーラングーン・内野一等書記官は、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた「東南アジア青年の船」事業文化交流プログラムに参加しました。 2018年10月31日、ティーラングーン・内野一等書記官は、国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた「東南アジア青年の船」事業文化交流プログラムに参加しました。東南アジア各国と日本の青年が文化交流を深めるための活動です。本年度、「東南アジア青年の船」事業は、2018年10月23日から12月13日に実施され、東南アジア各国から28人の参加者でリーダーが1人ずついます。日本からの参加者40人を含めると330人の参加者となりました。日本からにっぽん丸に乗船し、東南アジアのブルネイ、フィリピン、タイ、ベトナムを訪問します。
01/11/2018

板橋区立板橋第四小学校の生徒が大使館訪問

2018年3月6日、板橋区板橋第四小学校の6年生がタイ大使館を訪問し、タイについて学びました。この訪問は、2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向けて、生徒が外国への関心を高める目的で行われました。パッタマワディ・ウアリチット参事官は歓迎の挨拶をし、内野・ティランクグーン一等書記官と大使館スタッフがタイと日本の関係について説明した後、生徒からの質問に答えました。 ...

大使館と日本セパタクロー協会が茨城県龍ヶ崎市の小学校訪問

2019年11月19日、内野ティーランクーン一等書記官と大使館職員は、茨城県龍ヶ崎市の馴馬台小学校及び馴柴小学校で、タイの紹介をしました。同市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに際し、タイの陸上競技のホストタウンとなっており、 2019年11月19日、内野ティーランクーン一等書記官と大使館職員は、茨城県龍ヶ崎市の馴馬台小学校及び馴柴小学校で、タイの紹介をしました。同市は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに際し、タイの陸上競技のホストタウンとなっており、今回は小学生に向けたオリンピック・パラリンピック教育の一環として開催されました。また、日本セパタクロー協会の協力を得て、日本代表選手がスポーツ「セパタクロー」のルールを説明し、アクロバティックな技や試合を紹介した他、生徒らが実際にボールを蹴る体験をしました。なお、各学校で生徒による素晴らしい合奏や合唱が披露され、感謝の気持ちが伝えられました。
19/11/2019

秋田県美郷町のバトミントンで町おこしの紹介

秋田県美郷町は、2020年オリンピックに向けてタイのバドミントンナショナルチームの 事前キャンプを行い相互の交流合宿を行っています。美郷町の紹介をどうぞご覧ください。 (クリック)
25/01/2019
Pages: 1 2 Next
  relevance date