Search

 
Found: 326

毎日日本語交換奨学生が大使を訪問

2019年3月20日、タイ毎日アカデミックグループ会社のプログラムに参加している毎日日本語交換奨学生8人が、バンサーン・ブンナーク大使を表敬訪問しました。 2019年3月20日、タイ毎日アカデミックグループ会社のプログラムに参加している毎日日本語交換奨学生8人が、バンサーン・ブンナーク大使を表敬訪問しました。大使は、奨学生たちに日本での生活について説明し、このプログラムで習得した知識や経験を活かして自己発展を図り、またこれからの社会やタイ国に貢献できるよう激励しました。
毎日
20/03/2019

タイ周辺諸国経済開発協力機構(NEDA)による大使表敬訪問

2019年11月5日、チュラット・スティチョーン会長が率いるタイ周辺諸国経済開発協力機構がシントン・ラーピセートパン大使を表敬訪問し、メコン地域開発促進に関するタイ日間の意見交換を行いました。 2019年11月5日、チュラット・スティチョーン会長が率いるタイ周辺諸国経済開発協力機構がシントン・ラーピセートパン大使を表敬訪問し、メコン地域開発促進に関するタイ日間の意見交換を行いました。

大使館がラカン日本寺院の「僧衣献上式」に参加

2019年11月3日、海軍武官事務所のエカチャイ・スッカワンノ海軍大佐は、タイ大使館代表として、神奈川県のラカン日本寺院で行われた「トートカティン : 僧衣献上式」に参加しました。式典には約300名の仏教徒が集まりました。 2019年11月3日、海軍武官事務所のエカチャイ・スッカワンノ海軍大佐は、タイ大使館代表として、神奈川県のラカン日本寺院で行われた「トートカティン ...
03/11/2019

門博文衆議院議員が大使を表敬訪問

2019年6月6日、和歌山県の門博文衆議院議員が、3月15日に行われた和歌山県民グループの大使公邸訪問のお礼を述べるために、バンサーン・ブンナーク大使を表敬訪問しました。両氏は、タイ国と和歌山県の協力関係促進についても話し合いました。 2019年6月6日、和歌山県の門博文衆議院議員が、3月15日に行われた和歌山県民グループの大使公邸訪問のお礼を述べるために、バンサ-ン・ブンナーク大使を表敬訪問しました。両者は、タイ国と和歌山県の協力関係促進についても話し合いました。
LDP
06/06/2019

トランジットビザ 必要書類

... ダブルエントリー  7,000円 トリプルエントリー 10,500円 トランジットビザのそれぞれの滞在期間は30日以内で滞在延長は認められない。 タイの国際空港でトランジットに12時間以上かかる者は、タイ王国に入国しなくてもトランジットビザを申請しなければならない。 日本国籍以外の申請者で以下の国籍の旅券所持者は永住、定住、日本人配偶者等、特定の日本での在留資格を持っていない限り全てのカテゴリーのビザを東京タイ王国大使館で申請できない。 ...
08/11/2018

千葉商科大学にてタイについて紹介

... 2019年3月10日、内野ティーランクーン一等書記官と職員は千葉商科大学に招かれて、タイとタイ語について講義しました。同大学国際教養学部は、新入生の海外研修「海外フレッシュマンキャンプ」を毎年実施しており、今年は4月2-6日まで約70名の新入生がバンコクを訪問し、タイ人学生と交流したり、企業訪問を行います。タイを理解し、タイ人との親睦を深めるために事前講義が行われました。
10/03/2019

国家汚職防止委員会主催の研修団が来館

2018年4月26日、タイ国家防止委員会が主催する研修に参加する一行が大使館を訪問、バンサーン大使へ表敬を行い、また日本の会計検査院の調査課の栗島正彦課長による日本の会計検査制度に関するブリーフィングを聞きました。 ...
26/04/2018

タイ国家放送通信委員会が大使館を訪問

2018年2月19日、国家放送通信委員会がスキット・カマスントーン委員長と共に大使館を訪問し、チューチャーイ・チャイワイウィット臨時大使が歓迎しました。 2018年2月19日、タイ国家放送通信委員会がスキット・カマスントーン委員長と共に大使館を訪問し、チューチャーイ・チャイワイウィット臨時代理大使が歓迎しました。国家放送通信委員会は日本の総務省と意見交換するために日本を訪問しました。

大使が内閣総理大臣補佐官と昼食会

... 内閣総理大臣補佐官(ふるさとづくりの推進及び農林水産物の輸出振興担当)と昼食会を行い、沖縄の蒸留酒である泡盛の振興について懇談しました。泡盛は、400年前からタイ米を原料として製造されています。 宮腰補佐官は、大使が在日外国人及びタイ人に泡盛への理解を深める役割を担っていることに対し、感謝の意を伝えました。さらに、2017年の日タイ修好130周年記念の特別事業として、タイ大使館が泡盛の記念ボトルを作ったことについて、補佐官始め日本政府は大変感激したと話しました。 大使は、泡盛はアユタヤ王朝と琉球王朝時代から続く、両国の長い親密な関係を示すシンボルであり、タイにとって特別であると述べました。泡盛の製造法は、タイの蒸留酒ラオローンの作り方が伝えられたと言われており、日本のタイ米全輸入量30万トンのうち、泡盛製造用に1....

福島大学経済経営学類佐野ゼミナールが大使館を訪問

2018年8月20日、福島大学経済経営学類佐野ゼミナールの学生7名が、タイ訪問前の事前学習として大使館を訪問しました。 2018年8月20日、福島大学経済経営学類佐野ゼミナールの学生7名が、タイ訪問前の事前学習として大使館を訪問しました。学生たちは、9月19日より約2週間の計画でタイの観光業の実態やタイからのインバウンドについて調査を行うために、バンコク、チェンマイ、プーケットを訪れます。内野ティーラングーン一等書記官が、タイの観光情報や日本を訪れるタイ人観光客の興味関心事について、また、タイと福島県の関係などについて懇談しました。
20/08/2018
Pages: Prev. 1 ... 15 16 17 18 19 ... 33 Next
  relevance date