Search

 
Found: 274

大使がサミティベート病院と高槻病院のMOUに出席

... 2018年12月6日、バンサーン・ブンナーク大使は、濱田剛史高槻市長、ナルチャイ・ニンナート大阪総領事代理と共にバンコクのサミティベート病院と大阪の高槻病院との間で交わされたMOUに立会人として出席しました。サミティベート病院グループ会長のチャイラット・パンテゥラアンポーン医師と愛仁会理事長の内藤嘉之医師が出席しました。今回のMOUは、「サミティベート日本地域病院」をタイ国に開設するために交わされました。バンコクとその近郊に在住する邦人及び東南アジア地域に住む邦人を対象に医療サービスを行うことを目的としており、投資、ビジネス或いは居住目的でタイに在住する日本人を医療の面で協力できることが期待されます。また、高槻病院の医師や看護師がサミティベート病院の職員にアドバイスや研修を継続的に行います。現在、タイ在住日本人は7万人となり、東南アジアでは最も大きな日本人コミュニティとなっています。
MOU
06/12/2018

大使が中曽根康弘賞受賞式に出席

... community分野での表彰を受けました。この表彰式は毎年行われ、政治、経済、文化、科学分野で国際平和と発展を築くために優良な業績を修めた者に授与され、初めてのタイ人受賞者となりました。アンワットさんは、日本のタイボランティアチーム(TNJ)のメンバーで大使館の業務支援において在日タイ人に災害に備えるために一般的な防災知識を提供し、各国の大使館とも協力をしてきました。また、2011年に東北地方で発生した津波による被災地を訪れた視察者たちにも説明をしてきました。津波に関する専門的な業績を世界中に広め、国連と協力し、多くの国が津波についての知識を深めることで津波の被害に対応していけるよう支援しました。
06/07/2018

ワットパーチャッパンランシー寺院の高僧が大使館を訪問

... 2018年8月30日、埼玉県のワットパーチャッパンランシー寺院のブンソン・チョートパンヨー上人と僧侶が大使館を訪問し、バンサーン・ブンナーク大使と外交官が歓迎いたしました。そこでは、悩みを抱えている在日タイ人の心の拠り所である寺院の役割と、一般教徒の精神修行と仏法の普及センターとしての寺院と大使館の協力関係について話し合いをしました。埼玉県のワットパーチャッパンランシー寺院では、2018年9月23日に開院式が行われ、また、2018年11月18日にはトートガティンが行われます。 ...

デジタル経済社会大臣と大使が第25回国際交流会議 アジアの未来に出席

... 2019年5月30日、ピチェット・ドゥロンカウェロートデジタル経済社会大臣とバンサーン・ブンナーク大使は、日本経済新聞社の招待を受け、第25回国際交流会議アジアの未来で開催された晩餐会に出席しました。晩餐会では、安倍晋三内閣総理大臣による演説が行われました。2019年5月31日、デジタル経済社会大臣は、日経フォーラムで「Digital ASEAN & the Future of Digital Thailand」というテーマで講演をしました。大臣は、この講演でデジタル時代に対応できるような法制度の整備、7県内のスマートシティ建設、タイ国内すべての市町村にハイスピードインターネット接続サービスの提供やデジタル外交など、タイのデジタル化開発について強調しました。また、日経フォーラムは、新興国の指導者にとって政治経済における国家ビジョンを示す重要な舞台となっています。今年は、マレーシアの首相、バングラデシュの首相、カンボジアの首相、ラオスの首相、フィリピンの大統領などが講演をしました。
NIKKEI
31/05/2019

大使が琉球泡盛輸出促進プロジェクト会議に出席

... 2018年8月10日、バンサーン・ブンナーク大使は、首相補佐官及び第2回琉球泡盛輸出促進プロジェクト会議の委員長である宮腰光寛氏の招待を受け、沖縄県で委員長ゲストとして挨拶をしました。大使は、長い歴史をもつ泡盛の原料であるタイ米の輸出国としてのタイの役割について述べました。約600年もの歴史をもつ泡盛の原料はタイ米です。これは琉球とアユタヤとの貿易から始まりました。このように泡盛は、その頃からの長い歴史をもつタイ日関係を示す重要な証拠となる品物です。海を渡りアユタヤへ赴いた琉球の人々(現在の沖縄県民)はタイの焼酎の作り方を学び、その手法を用いて現在の泡盛を作りました。タイ米の促進については、5月に東京で行われた第19回タイフェスティバルで、大使館は沖縄県の泡盛生産協会と共同ブースで広報支援を行いました。現在、日本は年間228、846トンの米をタイから輸入しています。その内3万トンは、日本の焼酎でタイ米を使用した蒸留酒である泡盛の原料となります。

ReCAが、タイの高齢者支援プロジェクトについて説明

... ASIAの國谷昇平代表が、理学療法と作業療法を取り入れたタイ高齢者リハビリテーションプロジェクトについて大使館で説明を行いました。現在、ReCAは、ラーチャブリ県のポーターラーム群で試行プロジェクトを行っており、ポーターラーム群ポーターラーム市とポーターラーム病院との覚書を締結しました。その内容は、1)ポーターラーム市の高齢者介護への協力、2)高齢者デイケアサービスセンターの設置(JICAの支援により設置されたラーチャブリ県のバーンシートーン群の日帰り高齢者介護施設と同形態) 現在では、ポーターラーム市内に建設され月水金曜日にサービスを行っています。3)適切な介護を行うためのボランティア育成研修。今年の10月にタイ人5名が日本で指導を受けます。ReCAは、日本の特定非営利活動法人で、海外の支援を必要とする高齢者対象にリハビリテーションを行うという目的で2017年8月1日に設立されました。ReCAは、タイ以外にもミヤンマやインドネシアでも活動を行っています。詳細は、http://rehab-care-asia.org をご覧ください。
ReCA
11/09/2018

高円宮妃殿下をお迎えし「にっぽん-大使たちの視線2018写真展」の案内会を開催

... 2018年4月19日、高円宮妃殿下名誉総裁をタイ大使公邸にお迎えし、「にっぽん-大使たちの視線2018写真展」の案内会を開催しました。バンサーン・ブンナーク大使は同写真展の実行委員長であり、70人を超える各国大使が出席しました。高円宮妃殿下が名誉総裁を務める「にっぽん-大使たちの視線」写真展は今年で21回目を迎え、在日の各国外交官の視線がとらえ感じた日本や日本人について表現し、交流する企画であり、選考された展示作品は、日本の各地を巡回します。今年のテーマは日本にとって特別な年である「明治150年記念」です。同写真展は、在日外交官と日本人を繋ぐ重要な事業であり、バンサーン・ブンナーク大使が高円宮妃殿下より実行委員長に任命されたことは大変名誉なことです。また、タイ王国にとって日本の皇室との親密な関係を深め、在日外交官と日本人との架け橋となる良い機会です。
19/04/2018

外交 / 公用ビザ 必要書類

... 枚;ナイジェリア、イラン 口上書原本 発行から14日以内        **口上書は申請者名、入国日、滞在期間、任務/公務またはタイ滞在目的を記載  航空券または予約確認書コピー 申請者名、便名、タイ入国日、出国日の記載必要 在日外交官は、外交官身分証明票のコピー タイビザオンライン事前予約(VABO)
08/02/2018

公使参事官が越後妻有で開催されている「アジアアートフォーラム2018」に参加

... 2018年8月5日、キャッタリヤー・パトムロス公使参事官が、新潟県で行われている「越後妻有アートトリアンナーレ2018」のイベントの1つ「アジアアートフォーラム2018」に参加しました。開催式では新潟県の花角英世知事と越後妻有アートトリアンナーレ総合ディレクターである北川フレム氏が挨拶をしました。北川氏は、香港、中国、タイ、台湾、シンガポールなどのアジアの国々でアート事業を推進してきました。越後妻有アートトリアンナーレは、さびれた町を活性化させる目的で開催されました。世界中の130人の芸術家による多様なアート作品が、人間は自然に内包されるという基本理念のもとに屋内や屋外に展示されており、観光地の1つとなっています。今年は、タイの芸術家アリン・ルンジェーン氏が、日本とタイの米農家の生活スタイルを映しだすTwo ...

อัครราชทูตฯ ให้การต้อนรับคณะผู้เข้ารับการอบรมหลักสูตรการบริหารการท่องเที่ยวสำหรับผู้บริหารระดับสูง รุ่นที่ 2

เมื่อวันที่ 10 พ.ค. 61 นายบรรสาน บุนนาค เอกอัครราชทูต ณ กรุงโตเกียว ได้มอบหมายให้นายเชิดชาย ใช้ไววิทย์ อัครราชทูต เป็นผู้แทนให้การต้อนรับคณะผู้เข้ารับการอบรมหลักสูตรการบริหารการท่องเที่ยวสำหรับผู้บริหารระดับสูง...
10/05/2018
Pages: Prev. 1 ... 24 25 26 27 28 Next
  relevance date