Search

 
Found: 433

国立がん研究センターが大使を表敬訪問

2020年6月25日、シントン・ラーピセートパン大使は国立がん研究センターの市村幸一医学博士一行の表敬訪問を受け、がん治療の臨床研究や小児がんの研究分野におけるタイと日本の協力拡大について協議しました。タイ大使館は今後の両国の協力のためタイ側関係機関との連絡調整を行います。 2020年6月25日、シントン・ラーピセートパン大使は国立がん研究センターの市村幸一医学博士一行の表敬訪問を受け、がん治療の臨床研究や小児がんの研究分野におけるタイと日本の協力拡大について協議しました。タイ大使館は今後の両国の協力のためタイ側関係機関との連絡調整を行います。
26/06/2020

神田外語学院が大使館訪問

2019年11月13日、神田外語学院タイ語コース1年の学生12名がタイ大使館を訪問し、タイと日本の関係について話を聞きました。学生らはタイに渡航し現地の大学と交流する予定です。また、シントン・ラーピセートパン大使が学生と懇談する機会を持ちました。 ...
13/11/2019

民間外交推進協会の副会長が大使を表敬訪問

2019年4月12日、民間外交推進協会の山口範雄副会長や湯下博之専務理事(元駐ベトナム・フィリピン大使)らが、大使を表敬訪問し、2019年3月13日にソムキット・チャトゥシピタク副首相と面会し、今日タイ政府が人材育成及び地方の観光推進に力を入れていることについて報告しました。 2019年4月12日、民間外交推進協会の山口範雄副会長や湯下博之専務理事(元駐ベトナム・フィリピン大使)らが大使を表敬訪問し、2019年3月13日にソムキット・チャトゥシピタク副首相との面会で、今日タイ政府が人材育成及び地方の観光推進に力を入れているという内容について話したことを報告しました。また、大使はFECをあらゆる分野で支援していくことを述べました。
FEC
12/04/2019

バンプージャパン株式会社が大使を表敬訪問

2020年6月18日、シントン・ラーピセートパン大使は、バンプージャパン株式会社の志摩渉社長の表敬訪問を受け、同社の多様なプロジェクトについて報告を受けました。また、この機会に在日タイ人に向けた救助袋500袋を大使館に寄付しました。 2020年6月18日、シントン・ラーピセートパン大使は、バンプージャパン株式会社の志摩渉社長の表敬訪問を受け、同社の多様なプロジェクトについて報告を受けました。また、この機会に在日タイ人に向けた救助袋500袋を大使館に寄付しました。
18/06/2020

外交官が東京外国語大学で講義

2019年11月14日、内野ティーランクーン一等書記官は、東京外国語大学タイ語専攻の「通訳」の授業で、学生14名に対して外交通訳をテーマに講義をしました。ティーランクーン一等書記官は、外交通訳の役割や経験、やりがいについて具体的な例を挙げて講義しました。 ...
14/11/2019

明治神宮国際神道文化研究所所長が大使を表敬訪問

2019年1月25日、明治神宮国際神道文化研究所の佐藤正宏所長がバンサーン・ブンナーク大使を新年の挨拶を兼ねて表敬訪問しました。大使は、「にっぽん-大使たちの視線2018」写真展で協力を頂いた佐藤所長に感謝の意を表しました。また、タイ日関係とタイ大使館と明治神宮の関係が更に親密になることを期待していると述べました。 2019年1月25日、明治神宮国際神道文化研究所の佐藤正宏所長がバンサーン・ブンナーク大使を新年の挨拶を兼ねて表敬訪問しました。大使は、「にっぽん-大使たちの視線2018」写真展で協力を頂いた佐藤所長に感謝の意を表しました。また、タイ日関係とタイ大使館と明治神宮の関係が更に親密になることを期待していると述べました。
25/01/2019

創価学会の会長が大使を表敬訪問

2019年10月17日、バンサーン・ブンナーク大使は、今月末の離任にあたり、創価学会の原田稔会長の表敬訪問を受けました。また原田会長から、2019年9月28日にシリントーン王女殿下にバンコクのサパトゥム宮殿にて拝謁を賜ったことについて報告を受けました。タイ大使館は今回の訪問にあたり、連絡調整面で協力しました。 2019年10月17日、バンサーン・ブンナーク大使は、今月末の離任にあたり、創価学会の原田稔会長の表敬訪問を受けました。また原田会長から、2019年9月28日にシリントーン王女殿下にバンコクのサパトゥム宮殿にて拝謁を賜ったことについて報告を受けました。タイ大使館は今回の訪問にあたり、連絡調整面で協力しました。
17/10/2019

在京タイ王国大使館でビザを申請する前の留意事項

....サウジアラビア (Latest updated :2015.11.30)    旅券所持者は申請者が永住、定住、日本人配偶者等、 中長期の特定の日本での在留資格を    持っていない限り全てのカテゴリーのビザを 東京タイ王国大使館で申請できません。 ・  ナイジェリア国籍の申請者は、The National Drug Law Enforcement Agency ( NDLEA ) 発行の無犯罪証明書の提出が必要です。また、この証明書はナイジェリア連邦共和国外務省で認証を受け、その後在アブジャタイ王国大使館で認証を受けること。(大使館は、追加書類を要求する場合がある。) ...
01/11/2018

荘内銀行の取締役が大使を表敬訪問

2019年6月19日、バンサーン・ブンナーク大使は、荘内銀行の原田儀一郎取締役の表敬訪問を受けました。荘内銀行は、山形県タイ友好協会設立において中心的な役割を担いました。 2019年6月19日、バンサーン・ブンナーク大使は、荘内銀行の原田儀一郎取締役の表敬訪問を受けました。荘内銀行は、山形県タイ友好協会設立において中心的な役割を担いました。今回の訪問の際には、特産物のサクランボが贈呈されました。大使は、山形県が6月18日夜に起きた地震では影響を受けてないという報告を受け安堵しました。そして、チェンマイ大学と山形大学の交流など様々な面においてタイと山形県の協力関係が進展し、これからもタイと山形県の良好な関係が続いていく事を強調しました
19/06/2019

大使が愛媛県知事を訪問

2019年3月13日、バンサーン・ブンナーク大使夫妻は、タイ大阪臨時代理総領事やタイ関係事務所所長とともに中村時広愛媛県知事を訪問しました。 2019年3月13日、バンサーン・ブンナーク大使夫妻は、タイ大阪臨時代理総領事やタイ関係事務所所長とともに中村時広愛媛県知事を訪問しました。大使は、タイと日本の関係、愛媛県がタイと同じように微笑みの県とよばれ、現在、愛媛県の企業35社がタイへ投資をし、140人の愛媛県人がタイで生活していることなど、タイと愛媛県の経済や県民レベルでの繋がりについて述べました。さらに大使は、タイへのみかん輸出の支援や、農業技能について交流を進めていくと述べました。知事は、日本で一番美しいコースといわれている愛媛県のサイクリングコースをタイ人に紹介したいこと、2018年のサイクリング大会ではタイから50人の参加者があったことを述べました。
愛媛県
13/03/2019
Pages: Prev. 1 ... 26 27 28 29 30 ... 44 Next
  relevance date