Search

 
Found: 343

大使が第1回地方創生SDGs国際フォーラムで講演

... 2019年2月13日、バンサーン・ブンナーク大使は、第1回地方創生SDGs国際フォーラムで講演を行いました。このフォーラムは地方創生SDGs官民連携プラットフォームと内閣府の主催で日本経済新聞社の後援により開催されました。この機会に大使は、タイの足るを知る経済の哲学、持続可能な開発に向けた実践的アプローチについて述べました。この他にバンコクやsmart cityとなるコーンケーン県の紹介をしました。また、タイの足るを知る経済の哲学に関心のある方は、タイ大使館のウェブサイトをご覧ください。 http://site.thaiembassy.jp/th/economy-political/thai-economy/7364/
SDGs
13/02/2019

タイ首相がG20大阪サミットに出席

2019年6月27-29日、バンサーン・ブンナーク大使は、プラユット・ジャンオーチャー首相一行と共に「G20大阪サミット」に出席しました。 2019年6月27-29日、バンサーン・ブンナーク大使は、プラユット・ジャンオーチャー首相一行と共に「G20大阪サミット」に出席しました。タイは、ASEAN議長国として「Advancing Partnership for Sustainability」についてタイの展望を意見交換するために、日本政府ัより招待されました。各国は共に長期的な効果を求め、全分野が関わりを持ち、持続可能な経済制度を構築するため協力するべきです。また、首相はこの機会に、各国との関係強化のために首脳会談に出席すると共に、日本、インド、オランダ、オーストラリアといった国々と二国間首脳会談を行いました。
28/06/2019

タイ王国前運輸大臣が第15回JICA理事長賞を受賞

2019年10月8日、アーコム・トゥームピッタヤーパイシッ ト前運輸大臣は国際協力機構(JICA)の「第15回JICA理事長賞」を受賞し、チューチャーイ・チャイワイウィット公使は大使館を代表して祝賀しました。今年は個人・団体合わせて58受賞者が表彰され、タイからはアーコム前運輸大臣を始め、保健省医療サービス局皮膚病学研究所、社会開発人間安全保障省次官室人身取引対策部の1個人、2団体が受賞しました。...
JICA
08/10/2019

大使がノックスクート航空の就航記念式典に出席

... 2018年6月1日、バンサーン・ブンナーク大使は、ノックスクート航空の成田・ドーンムアン空港線の就航記念式典に出席しました。大使は、ノックスクート航空の新路線就航における祝賀の挨拶をし、タイと日本の絆を深める一環として、この就航が両国の密接な関係をさらに確かなものにしていくと述べました。 この式典で、大使は、Biam Ming Toh ノックスクート航空副社長、国土交通省、成田空港、タイ国政府観光庁の代表者らと就航記念式典のテープカットを行いました。 ノックスクートXW101便ボーイング777-200は、13時55分に成田空港を出発してドーンムアン空港に18時25分に到着するスケジュールとなっています。
NokScoot
01/06/2018

東武ワールドスクウェア株式会社取締役社長が大使を表敬訪問

... 根本幸央取締役や大塚愛子広報部長と共にバンサーン・ブンナーク大使を表敬訪問し、東武ワールドスクウェアで7月20日に開催されるワットアルンのミニチュア建築の展示開始記念式典への招待をしました。今回の東武ワールドスクウェアでのワットアルンミニチュア建築物の展示においては、大使館がタイの各関係機関との調整を行い、タイ外務省、ワットアルン寺院、芸術局などの関係機関から建築に関しても協力を得ることができました。日本で最初のタイミニチュア建築物の展示となり、一般展示は7月21日から開始されます。
20/06/2019

大使がエネルギー部門タイ投資家と会議

2018年11月9日、バンサーン・ブンナーク大使は、大使館の大会議室で大使館担当外交官及びタイ政府関係事務所長と共に日本のエネルギー部門に投資しているタイ企業を集め会議を行いました。 この会議では、各社の参加者による投資状況についての情報交換や、今後日本の関連機関に説明や解決を求めるために、事業を行う上での問題や障壁についても話し合われました。今日、日本に投資を行うタイ企業は増え続け、中でもエネルギー関連企業は12社となっています。...
09/11/2018

大使がタイ国政府観光庁福岡の開設式に参加

... 2018年11月30日、バンサーン・ブンナーク大使は、ウィラサック・コーウスラット観光スポーツ大臣、ユッタサック・スパソンタイ国政府観光庁長官、アッタカーン・ウォンチャナマースタイ福岡総領事と共にタイ国政府観光庁福岡の開設式に参加しました。観光庁福岡は、九州、中国地方及び沖縄県との協力関係を深めるために再開設されました。開設にあたり、小川洋福岡県知事をはじめ福岡県から来賓の方々が参加しました。現在、九州、中国地方及沖縄県からタイへの日本人観光客は約12万人でタイへの日本人観光者(2017年約150万人)の約8%となっています。タイ国政府観光庁福岡の連絡先は、福岡県博多区下川端橋、博多座・西銀、博多リベレインイーストサイト11階、電話番号:092-260-9305です。ウェブサイト:www.thailantravel.or.jp
30/11/2018

タイ首相が「即位の礼」参列のために来日

2019年10月22-23日、バンサーン・ブンナーク大使は、日本国天皇陛下即位の礼に参列するため来日したプラユット・チャンオーチャー首相をお迎えしました。首相は、10月22日に皇居・宮殿で行われた「即位礼正殿の儀」と祝宴「饗宴の儀」に出席すると共に、23日にはホテルニューオータニで催された「内閣総理大臣夫妻主催晩餐会」に出席しました。この機会に、プラユット首相は安倍晋三首相と会談し、良好な両国関係の強化を確認しました。...

観光及びスポーツ大臣がツーリズムEXPOジャパン2018開会式に出席

... 2018年9月20日、ウィーラサック・コーウスラット観光スポーツ大臣とバンサーン・ブンナーク大使は、観光スポーツ省一行とともにビッグサイトで行われたツーリズムEXPOジャパン2018の開会式に出席しました。ジャパン・ツーリズム・アワード2018では、政府観光庁の新たな12の観光地を提案するというタイ12の秘宝の取り組みがエクセレントパートナー賞を獲得し、大臣がタイ代表として受賞しました。大臣は、記者会見で、タイ新しい色合いへのいざない戦略である新たな12の観光地促進について、この取り組みは旅行者の大都市への集中だけでなく地方にも観光収入を生み出すことができ、観光者数にとらわれることなく、観光地の魅力を長い間引き出していける取り組みです、と述べました。
20/09/2018

大使がサミティベート病院と高槻病院のMOUに出席

... 2018年12月6日、バンサーン・ブンナーク大使は、濱田剛史高槻市長、ナルチャイ・ニンナート大阪総領事代理と共にバンコクのサミティベート病院と大阪の高槻病院との間で交わされたMOUに立会人として出席しました。サミティベート病院グループ会長のチャイラット・パンテゥラアンポーン医師と愛仁会理事長の内藤嘉之医師が出席しました。今回のMOUは、「サミティベート日本地域病院」をタイ国に開設するために交わされました。バンコクとその近郊に在住する邦人及び東南アジア地域に住む邦人を対象に医療サービスを行うことを目的としており、投資、ビジネス或いは居住目的でタイに在住する日本人を医療の面で協力できることが期待されます。また、高槻病院の医師や看護師がサミティベート病院の職員にアドバイスや研修を継続的に行います。現在、タイ在住日本人は7万人となり、東南アジアでは最も大きな日本人コミュニティとなっています。
MOU
06/12/2018
Pages: Prev. 1 ... 31 32 33 34 35 Next
  relevance date