Search

 
Found: 26
Where: tags — バンサーン・ブンナーク大使 [x]

バンサーン・ブンナーク大使が離任

2019年10月30日、タイ大使館の外交官と職員は、離任するバンサーン・ブンナーク大使とユパディー・ブンナーク大使夫人をお見送りしました。大使夫妻は、2016年3月から2019年10月までの3年7ヶ月間、良好なタイと日本の関係をさらに強化するため、 2019年10月30日、タイ大使館の外交官と職員は、離任するバンサーン・ブンナーク大使とユパディー・ブンナーク大使夫人をお見送りしました。大使夫妻は、2016年3月から2019年10月までの3年7ヶ月間、良好なタイと日本の関係をさらに強化するため、駐日タイ大使として務めました。両国交流は、王室と皇室、政府、民間、国民同士に至るまで常に親しく行われ、益々盛んになっています。 ...
30/10/2019

大使館がTCEBの日本での海外市場促進イベントを支援

... 2018年3月29日、タイ国政府コンベンション&エキシビション・ビューロー(TCEB)は、東京プリンスホテルにて、国際会議及び展示会に関する海外市場促進イベントを開催しました。会場では、ビジネスマッチングや、日本人講師によるタイのMICE政策に関するセミナーなどが行われました。 バンサーン・ブンナーク大使は、午後に行われた記者会見で開会の挨拶を行い、質疑応答に対応しました。タイは、タイランド4.... ... 夜には、TCEBが主催するレセプションが行われ、大使はタイの代表として両国の事業者をお迎えしました。タイにとって日本は重要な市場であり、タイのMICE産業は拡大を続けています。2016年-2017年にかけてMICE関連での日本人渡航者は5.43%の増加をしました。今後の日本からのMICE市場は5%の拡大が見込まれ、タイ人に160億円の収入をもたらすと期待されています。
TCEB
29/03/2018

大使館がビジネスセミナー「日本におけるタイからの事業・投資の機会と方針」を開催

... 2018年2月1日、タイ大使館は日本貿易振興機構(ジェトロ)と協力し、ビジネスセミナー「日本におけるタイからの事業・投資の機会と方針」を開催しました。セミナーでは、ジェトロの代表、Japan Thailand Business Forum(JTBF)の代表、Ernst & Youngの代表、バンコク銀行東京支店長が講義を行い、タイからの事業家や関心を持つタイ人40名程が参加しました。セミナー開催にあたり、バンサーン・ブンナーク大使は「過去数年において、日本はタイへの投資先の第1位となっていますが、これからは日本におけるタイからの投資も確実に増えていくでしょう。」と述べました。 ジェトロによると、2016年の日本におけるタイからの投資額は7000億円であり、アジア諸国の中では第2位、世界では第12位になっています。このことから、タイ政府は、日本政府がタイでの日本企業に実施していた政策と同様に、タイの事業家に対する日本での投資奨励支援策を真剣に検討し始めました。大使館はこれらの政策に答える形で、今後具体的にタイの事業家を支援していく目的で今回のセミナーを開催しました。 ...
01/02/2018

共立国際交流奨学財団の日本語スピーチコンテスト入賞者が大使館訪問

2017年1月18日、バンサーン・ブンナーク大使及びナッタポン・ラッタピパット公使参事官は、共立国際交流奨学財団がバンコクで開催した第4回の日本語体験コンテスト(スピーチコンテスト)入賞者5名の表敬訪問を受けました。 ...
18/01/2017

第278 回アセアン委員会東京(ACT)会議

2016年12月27日、タイ王国大使館にて、バンサーン・ブンナーク大使が第278回アセアン委員会東京(ACT)会議の議長を務めました。 会議にはASEAN加盟10ヵ国の大使・代表が参加し、日本でアセアンの役割を強化し、継続的に日本におけるASEANへの理解を深めることを目的として開催されます。 ...
ACT
27/12/2016

第277 回アセアン委員会東京(ACT)会議

2016年11月15日、タイ王国大使館にて、バンサーン・ブンナーク大使が第277回アセアン委員会東京(ACT)会議の議長を務めました。 会議にはASEAN加盟10ヵ国の大使と代表者が参加し、日本でアセアンの役割を強化し、継続的に日本におけるASEANへの理解を深めることを目的として開催されます。 ...
15/11/2016

プミポン国王陛下崩御を受けた天皇陛下及び皇族方による弔意

タイ王室庁は、プミポン国王が2016年10月13日に崩御されたことを発表しました。 これを受けて、本日(10月14日)より、在京タイ王国大使館では追悼の記帳の受付を開始しました。 タイ王室庁は、プミポン国王が2016年10月13日に崩御されたことを発表しました。  これを受けて、本日(10月14日)より、在京タイ王国大使館では追悼の記帳の受付を開始しました。同日13時45分、宮内庁の河相周夫侍従長が天皇皇后両陛下の名代として大使館を訪問され、バンサーン・ブンナーグ大使を通じてタイ王室をはじめ、タイ政府・タイ国民への弔意を表されました。また、秋篠宮両殿下の名代として、秋篠宮家御用掛の横田順子様が追悼の記帳をされました。
14/10/2016

大使がバンコク交響楽団(BSO)のコンサートを鑑賞

2016年10月6日19:00、バンサーン・ブンナーク大使夫妻及び在京タイ関係事務所所長は、東京オペラシティ・コンサートホールにて行われたバンコク交響楽団のコンサートを鑑賞しました。 2016年10月6日19:00、バンサーン・ブンナーク大使夫妻及び在京タイ関係事務所所長は、東京オペラシティ・コンサートホールにて行われたバンコク交響楽団のコンサートを鑑賞しました。 ...

大使夫妻が「広報しながわ」からインタビューを受ける

2016年10月5日、バンサーン・ブンナーク大使夫妻は品川区の「広報しながわ」からインタビューを受け、日タイ関係やタイ料理を含むタイ文化など、幅広い話題について話をしました。 また、大使はこの機会に、日タイ修好130周年記念行事の活動計画についても述べました。 ...
品川区
05/10/2016

大使がJ-Power の磯子石炭火力発電所を視察

2016年9月28日、バンサーン・ブンナーク大使及び在京タイ関係事務所所長は、J-Power(電源開発株式会社)の高度な環境対策が導入された磯子石炭火力発電所を視察しました。 2016年9月28日、バンサーン・ブンナーク大使及び在京タイ関係事務所所長は、J-Power(電源開発株式会社)の高度な環境対策が導入された磯子石炭火力発電所を視察しました。同社はタイで総出力4GWの設備に投資をしており、14ヵ所の天然ガス火力発電所及び2ヶ所のバイオマス発電所を運営しています。大使と一行は、最新技術を使ったクリーンな石炭火力発電について説明を聞きました。
J-Power
28/09/2016
Pages: 1 2 3 Next
  relevance date