Search

 
Found: 7
Where: tags — 投資 [x]

大使がタイ投資セミナーで挨拶

2018年4月27日、バンサーン・ブンナーク大使は、JETRO、タイ投資委員会(BOI)、タイ商業銀行(SCB)との共催で、JETRO本部で行われたタイ投資セミナーで開会の辞を述べました。 2018年4月27日、バンサーン・ブンナーク大使は、JETRO、タイ投資委員会(BOI)、タイ商業銀行(SCB)との共催で、JETRO本部で行われたタイ投資セミナーで開会の辞を述べました。 ...

Ambassador delivered opening remarks at JETRO's Thai Investment Seminar

On 27 April 2018, Ambassador Bansarn Bunnag was invited to deliver the opening remarks at the JETRO's Thai Investment Seminar organized by Board of Investment, Thailand (BOI) and Siam Commercial Bank (SCB) at the JETRO Headquarter in Tokyo. On 27 April 2018, Ambassador Bansarn Bunnag was invited to deliver the opening remarks at the JETRO's Thai ...
27/04/2018

大使がセミナー EEC:Thailand 4.0 in Action で開会の挨拶

2018年7月4日、バンサーン・ブンナーク大使は、みずほ銀行、BOI、JETRO共催セミナーEEC:Thailand 4.0 in Actionで開会の挨拶をしました。 2018年7月4日、バンサーン・ブンナーク大使は、みずほ銀行、BOI、JETRO共催セミナーEEC:Thailand 4.0 in Actionで開会の挨拶をしました。本セミナーは経団連で行われ、大使は、Thailand 4.0政策に基づいて地域内での大規模な投資センターとなったタイ東部経済回廊(EEC)経済特区への投資について述べました。
04/07/2018

大使館がビジネスセミナー「日本におけるタイからの事業・投資の機会と方針」を開催

... ジェトロによると、2016年の日本におけるタイからの投資額は7000億円であり、アジア諸国の中では第2位、世界では第12位になっています。このことから、タイ政府は、日本政府がタイでの日本企業に実施していた政策と同様に、タイの事業家に対する日本での投資奨励支援策を真剣に検討し始めました。大使館はこれらの政策に答える形で、今後具体的にタイの事業家を支援していく目的で今回のセミナーを開催しました。 ジェトロの代表は、タイの投資家にとって関心の高い日本の産業に関して、外国人投資家向けのサービスを紹介しました。それは1.観光業、2.技術革新を含めた研究と開発、3.タイに競争力がある食品産業、代替エネルギーです。 ( 以下参照 JETRO POWER POINT PART 1 ) / ( 以下参照 JETRO POWER POINT PART 2 ) また、バンコク銀行東京支店長は、「様々な理由、例えば、経済発展や為替レート、株価が適していること、低利息であること、日本政府が海外からの投資を援助してることなどから、現在がタイにとって日本で投資する最大の好機である」と意見を述べました。さらに、タイランド4....
01/02/2018

ジェトロ・バンコク事務所の新旧所長が大使を表敬訪問

... 2019年7月2日、日本貿易振興機構(ジェトロ)バンコク事務所前所長の三又裕生氏がバンサーン・ブンナーク大使を表敬訪問し、離任の挨拶と新所長の竹谷厚氏の紹介をしました。大使は、4年間のジェトロ・バンコク事務所での三又氏の活躍に感謝の意を表しました。ジェトロ・バンコク事務所は、74ヶ所の海外事務所で最も大きい事務所でタイへ投資している日本企業5500社対象に支援事業を行っています。2017年には、大使館と連携し600人の日本企業家の視察団をタイへ送りました。三又氏の退任後も、ジェトロ・バンコク事務所によるタイランド4....
JETRO
02/07/2019

タイ王国首相がメコン地域諸国首脳とともに日・メコンビジネスフォーラムに参加

... 2018年10月9日、プラユット・ジャンオーチャー首相は、メコン地域諸国首脳らとともに、パレスホテルで開催されたJETRO主催の日・メコンビジネスフォーラムに参加しました。 首相は、メコン地域の持続的な発展にむけた協力を推進するための意見交換を行うこの度のフォーラムの主催者であるJETROに感謝の意を表すとともに、JETROが日本企業のタイへの投資促進において担っている重要な役割について述べました。 首相は、メコン地域諸国が現在の国際情勢に対応するために草案されたACMECSマスタープラン5年計画を承認しました。物、規制、人とのシームレスな連結性を発展させるという目標をもち、20年計画のもと、とくに産業部門とサービス部門の生産量を引き上げること、そしてタイランド4....
JETRO
09/10/2018

タイ財務大臣の訪日

... 財務大臣は、タイ経済、金融財政政策や今後のEECをテーマとして開催されたセミナーに出席しました。セミナーには、日本経団連の会員40人が参加しました。大臣は、今後のタイの経済動向について述べ、道路や発電所等の物理的構造物やデジタル分野へのインフラ投資に焦点をあてた政府政策により今後も増え続けていく官民からの投資が重要な要素になると述べました。さらに、政府は人材開発にも力を入れており、タイの競争力を高めるためにも重要であると考えています。日本の投資家たちには、タイの経済基盤も安定し財政も健全であることから世界の経済変動にも影響のないことを確信していると強調しました。今回のセミナーは、日本の投資家たちにタイ経済に対する信頼を高められたことで成功に終わりました。このほかに、大臣は大使同席のもと国際協力銀行(JBIC)の前田匡史代表取締役総裁、日本政策金融公庫(JFC)の田中一穂総裁、日本貿易振興機構(JETRO)の佐々木伸彦理事長をはじめ、三菱電機、トヨタ自動車、みずほ銀行の幹部らと面会をしました。
30/07/2019
  relevance date