ビザの種類


**ノンイミグラント-M (メディア)

【ノンイミグラント-M (メディア) 必要書類】

(メディア/ジャーナリストとして既にタイで就労している者のみ)

※新型コロナウィルスによる入国制限の措置が実施されている期間の申請時に必要な書類です。通常時とは異なりますのでご注意ください※

注;1. 申請者は、有効期限がある労働許可証(Work Permit)を既に所持していること。新たにタイに駐在する者は、タイ大使館広報担当官と面接をする必要があります。面接後、許可がおりた者でWP3を所持している者のみビザ申請が可能です。

2. 申請者は、タイに90日以上滞在すること。(短期滞在のリポーターやメディア関係者は、ノンイミグラン トビザBを申請すること。)



1.     有効な旅券 (有効期限が6ヶ月以上有効なもの、査証欄の余白部分が2ページ以上あるもの)

2.     申請書(全ての欄を記入し、申請者が署名したもの、申請書ダウンロードはこちら

3.     申請者カラー写真1(サイズ 3.5×4.5cm)申請書に張り付けてください。

4.     経歴書Personal History(全ての欄を記入し、申請者が署名したもの、経歴書のダウンロードはこちら

5.     所属する報道機関の概要 (Company Profile)

6.     以下のいずれかの書類

A. 有効期限がある労働許可証(Work Permit)のコピー見本1 見本2

B. タイ労働福祉省雇用部門発行のThe letter of consideration of` Work Permit“Form WP 3”のコピー ※見本

7.     タイの将来の雇用主からの英文招聘状原本Invitation Letter)(PDF、コピー、ファックス不可)

           *招聘状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、就労時の役職、給与の額、入国日(大使館発表の特別便の渡航日が記載されていること)、就労期間、必要 とされるビザの種類、社判・社印・角印入り、そしてタイ商務省発行の会社謄本に名前が記載されている代表者の直筆署名を含む


               *招聘状の代表者署名が欠けている場合、ビザ申請と共に他の人に代理として権限を委任する委任状を提出すること

   

8.     日本の会社からの英文推薦状原本Recommendation Letter)(PDF、コピー、ファックス不可)

           *推薦状は会社のレターヘッド入りの用紙に、申請者名、入国日(大使館発表の特別便の渡航日が記載されていること)滞在目的、滞在期間、希望のビザの種類、社判・社印・角印入り、そして代表者の直筆署名を含む

9.     報道機関がタイ政府もしくは外国政府に登録されていることを証明する書類(発行から6か月以内のもの)

10.    申請者が申請日からさかのぼって1年間の間に執筆したタイに関する記事のコピー(ある場合のみ)

11.    航空券(Eチケット)または航空会社発行の予約確認書コピー*

*申請者名、タイ入国日、大使館発表の特別便であること


〈日本国籍以外の申請者の追加書類〉 

12.  在留カードのコピー(有効期限が3ヶ月以上あるもの*)

         *更新中の方は、入国管理局が発行した在留期間更新許可申請の申請受付票のコピーを提出すること(申請時に原本を提示)

13.  国籍別の写真枚数

      カラー写真31.アフガニスタン 2.バングラデシュ 3.エジプト 5.北朝鮮 6.リビア 8.パレスチナ 9.スーダン 10.イエメン 11.カメルーン 12.コンゴ共和国 13.コンゴ民主共和国 14.赤道ギニア共和国 15.ギニア共和国 16.アルジェリア 17.中国 18.インド 19.イラク 20.レバノン 21.ネパール 22.パキスタン 23.スリランカ 24.シリア 25.ガーナ 26.中央アフリカ共和国 27.ソマリア連邦共和国 28.サントメ・プリンシペ民主共和国 29.リベリア共和国 30.シエラレオネ共和国 31.サウジアラビア

カラー写真4;ナイジェリア、イラン


注意事項:

   招聘状に記載された入国日に必ず入国すること。

● 一旦受理した書類は一切返却致しません。

● ビザ申請料は返金できません。

● 大使館は追加の書類を依頼することがあります。また、書類不備の場合は申請を拒否する権利を有します。

● ビザの発給は大使館の裁量で決定します。ビザ発給拒否の理由については、問い合わせがあっても回答できません。

● 詐称もしくは虚偽の申請事実は永久に申請不適格となります。

● アフガニスタン、北朝鮮、リビア、イラク、シリア、バングラデシュ、エジプト、イラン、ナイジェリア、パレスチナ、スーダン、イエメン、カメルーン、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、赤道ギニア共和国、ギニア共和国、アルジェリア、中国、インド、レバノン、ネパール、パキスタン、スリランカ、ガーナ、中央アフリカ共和国、ソマリア連邦共和国、サントメ・プリンシペ民主共和国、リベリア共和国、シエラレオネ共和国、サウジアラビアの旅券所有者の審査には60日ほど時間がかかります。

● ナイジェリア国籍の申請者は、The National Drug Law Enforcement Agency ( NDLEA ) 発行の無犯罪証明書の提出が必要です。また、この証明書はナイジェリア連邦共和国外務省で認証を受け、その後在アブジャタイ王国大使館で認証を受けてください。




Back to the list