活動


大使が仙台市在住のタイ人代表との昼食会を開催

24/06/2022

2022年6月24日、シントン・ラーピセートパン大使は宮城県仙台市在住の留学生や大学准教授を含むタイ人代表13名との昼食会をタイ料理レストラン「タイラックタイ」で開催しました。今回の仙台市訪問で、大使は宮城県知事を表敬訪問した他、仙台・タイ経済友好協会総会とタイフェスティバルin仙台に出席をしました。

コロナ感染症が流行してから2-3年、大使館は地方在住のタイ人を訪問する機会を持てなかったことから、大使は今回の仙台在住タイ人と懇談の機会を持てたことに感謝しました。

大使は生活の様子や以前の災害時のことについて尋ねると共に、大使館はタイ人が必要なときに頼ることの出来る場所であると述べ、大使館の連絡先、ホットライン、Facebook、ウェブサイトなどの情報を伝えました。

大使は、宮城県のタイ人同士が関係を深め、緊急事態や自然災害の際に連絡を取り合えるようにグループを作ることを奨励しました。それによって大使館からの迅速な支援にもつながります。

現在、宮城県在住のタイ人は373名、そのうち174名が仙台市在住です。また、東北大学に在籍するタイ人留学生は53 名です。




Back to the list