活動


大使がタイ映画「女神の継承」の監督と俳優を歓迎

29/07/2022

2022年7月29日、シントン・ラーピセートパン大使はタイ映画「女神の継承(原題:ラーンソン)」の監督と俳優が来日したことを歓迎し、昼食会を開催しました。大使は、同映画を通してタイの文化やタイ人の信仰について日本人が知る機会になるとして感謝の気持ちを表しました。

昼食会にはバンジョン・ピサンタナクーン監督の他、主演のスワニー・ウトゥムマーさん、ナリンヤ・グンモンコンペートさん、タイ外務省及びタイの映画会社GDH559株式会社の代表が出席しました。

大使館は、映画を始めとした多様なタイのエンターテイメントを日本人に紹介することを支援しています。最近ではタイ映画、ドラマ、音楽が成長し、世界の舞台で認められるようになってきました。




Back to the list