活動


大使館はタイフェスティバルinイオンモール幕張新都心でタイ文化を紹介

26/09/2022

2022年9月23-25日、タイ大使館は千葉県のイオンモール幕張新都心で初開催されたタイフェスティバルにおいてタイ文化を紹介しました。

会場ではタイ料理、タイ物産品、タイマッサージ、傘の絵付けや花輪作りのワークショップのブースが出店し、ステージではタイ舞踊団や神田外語大学によるタイ文化のパフォーマンスが披露されました。その他、トゥクトゥクに乗ってイオンモールを周回する企画などがあり、3万人を超える来場者がありました。

タイ大使館は日本でムエタイのPRをするために、ウィラサクレックムエタイジムと協力して、ムエタイのデモンストレーションや、来場者へのトレーニング体験やミット打ちのワークショップ、ムエタイチャンピオンとのサイン会や写真撮影会を行いました。ムエタイのアマチュア大会も開催され、青少年が86人、成人が132人、合計218人が出場しました。

その他、タイの観光、ドラマ、TpopミュージックなどのPRも行われました。

9月23日はタイフェスティバル開催記念セレモニーが行われ、シントン・ラーピセートパン大使が出席し来賓挨拶を行いました。千葉県の穴澤幸男副知事、千葉市の大木正人副市長、イオン株式会社の岡崎双一執行役アセアン担当もセレモニーで挨拶を行いました。

2022年9月26日は日タイ修好135周年の記念日であり、タイ大使館はこの時期にタイと日本の友好関係を促進する事業を企画してくださったイオンモール幕張新都心に感謝します。

また、今回ムエタイの紹介にあたり、タイ大使館と全面的な協力をしてくださったウィラサクレックムエタイジムにも感謝します。タイフェスティバルそしてイオンモールの来場者から年代や性別を問わず大変大きな関心が寄せられました。




Back to the list