活動


タイ料理レストラン「ソムタムダー」の創業者が大使を表敬訪問

04/11/2022

2022年11月4日、シントン・ラーピセートパン大使とプラーンティップ・ガーンジャナハッタキット公使はタナルック・ラオラオウィロート氏の表敬訪問を受けました。

タナルック氏は、スパンニガーグループの経営者であり、イサ-ン(タイの東北地方)料理レストラン「ソムタムダー」の創業者です。同レストランはバンコク以外に、ニューヨーク、ホーチミン、台北そして東京など海外に多くの支店を持ち、本場のイサーン料理の味と品質を提供しています。ニューヨーク店は、2016年にミシュランで一つ星を獲得しています。

懇談の中で、タナルック氏は昔ながらのタイ料理の味を受け継ぎ、海外そしてタイの若い世代に魅力を伝え広めるために力を注いでいると話しました。大使は日本国内でタイ料理の認知度を上げるための尽力を称賛しました。東京のソムタムダーは、美味しさと品質で良く知られています。大使は続いて、今後日本でのビジネス拡大の方向性について助言をしました。



Tags:   somtumder

Back to the list